メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済紛争処理課、外務省が新設へ

 茂木敏充外相は31日の記者会見で、国際法局に「経済紛争処理課」を8月3日付で新設すると発表した。世界貿易機関(WTO)での訴訟や経済連携協定に基づく紛争への対処を強化するため、経済局国際貿易課にある国際経済紛争処理室を改編し、課に格上げする。人員を拡充し、国際裁判の専門知識を持つ法曹関係者との連携も進める。

 WTOは29日、日本の対韓輸出規制強化措置に関する紛争処理小委員会を設置しており、今後審理の長期化も予測される。日本はインドとの紛争案件も抱え、案件がさらに増加する可能性もある。茂木氏は「紛争処理の重要性が高まっており、専門性のある人材を集めて対応したい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 式秀部屋の複数力士が脱走 親方夫人の対応に不満 日本相撲協会が事情聴取

  3. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです