メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

貿易・資本自由化に逆行の動き=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 新型コロナウイルス禍によって戦後日本が経済発展してきた前提が揺らぎ始めている。

 日本は食料やエネルギーに乏しい国であるため、その打開を図るために戦前に旧満州(現中国東北部)に進出し、世界の列強の反発を受けて敗戦という結果に終わった。その後平和になった世界は資源を含めた貿易の自由化へと向かった。その中で日本は、自動車産業など世界の工場としての地位を築き、食料やエネルギーを輸入し、いつのまにか「ものづくり大国」となった。日本国内では反対も多かったが、資本の自由化が進み、多くの企業が海外へ進出し、今や日本は対外純資産で世界一の国になった。

 平成の時代に入ると、少子化と高齢化が進み、労働力不足が顕在化してきたが、日本経済はアジアの国々からの安い労働力に支えられて低成長とはいえ発展を続けた。ところが今回のコロナ禍でヒトの移動は制限されて、多くの国々との交流はほとんど止まってしまった。今後も以前のようには回復しないと思われる。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです