メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/355 阿部和重 写真・相川博昭

 【あらすじ】新潟・柏崎のマリーナからブローカーと共に船に乗り、北朝鮮を目指した横口健二と「ハナコ」は、洋上で迎えの船と接触できず戻ってきた。「ハナコ」は船で熱を出していた。二人はブローカーが「一時待機所」として用意した一軒家にひとまず身を置いた。

         ●

 長岡市街に位置するその宿舎を横口健二とハナコ(﹅﹅﹅)が立ちのいたのは、入居して五日後の三月一七日日曜日だった。一週間の期限めいっぱいまで滞在しなかったのは、新潟に長くとどまるのは危険だとわかったからだ。

 宿舎での生活中、最大の懸案だったハナコ(﹅﹅﹅)の体調不良はなんとか悪化せずに済んだ。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです