メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『相模原障害者殺傷事件』=朝日新聞取材班・著

『相模原障害者殺傷事件』

 (朝日文庫・836円)

 相模原障害者殺傷事件から4年がたった。裁判は結審し、死刑が確定している。本書は事件取材にあたった記者達による記録で、文庫オリジナルとして出版された。

 事件を起こした植松聖(さとし)は、事件の舞台となった「やまゆり園」で勤務していたが、当初は「障害者はかわいい」「今の仕事は自分にとって天職」と言っていたという。しかし、2年目に入った頃から言動に変化が見られるようになる。施設では障害者が「人間として扱われていない」と漏らし、やがて一方的な偏見を口にするようになる。しかし、裁判ではこの変化の詳細について、追及されなかった。なぜ、態度に変化が生じたのか。動機解明の重要ポイントを素通りした裁判に、記者は疑問を呈する。

 植松は切迫感に駆られる。日本の予算は逼迫(ひっぱく)しており、借金大国になっている。もう時間的にも金銭的にも猶予がない。そんな中、障害者に予算を回すことは、社会全体にとって「不幸」である。「障害者を安楽死させるべきだ」。そんな歪(ゆが)んだ思考が固着していく。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです