メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

小島ゆかり・評 『佐藤鬼房俳句集成 第一巻 全句集』=佐藤鬼房・著、高野ムツオ・編

『佐藤鬼房俳句集成 第一巻 全句集』

 (朔出版・1万4300円)

 やませ来るいたちのやうにしなやかに     『瀨頭(せがしら)』

 なんとしなやかで、なんとしたたかな俳句かと思う。鬼房(おにふさ)という名とともにあると、いっそう凄(すご)みを帯びて忘れ難い。

 「やませ」は夏の季語。冷たく湿った北東の風で、北海道や東北地方にしばしば冷害をもたらすという。飢餓風、凶作風とも。「病ませ」の字も当てられるほど、怖(おそ)れられる風である。

 しかしこの句には、そんな厳しさと同時に、いたちの機敏でしなやかな姿態も想像される。「やませ来る」で切れ、すぐさま自然なスピード感をもって起伏する表現の呼吸。句自体が、美しい獣のようだ。鬼房七十一歳の作品。

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです