特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

小島ゆかり・評 『佐藤鬼房俳句集成 第一巻 全句集』=佐藤鬼房・著、高野ムツオ・編

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『佐藤鬼房俳句集成 第一巻 全句集』
『佐藤鬼房俳句集成 第一巻 全句集』

 (朔出版・1万4300円)

存在の本質を問い続けた「切株」

 やませ来るいたちのやうにしなやかに     『瀨頭(せがしら)』

 なんとしなやかで、なんとしたたかな俳句かと思う。鬼房(おにふさ)という名とともにあると、いっそう凄(すご)みを帯びて忘れ難い。

 「やませ」は夏の季語。冷たく湿った北東の風で、北海道や東北地方にしばしば冷害をもたらすという。飢餓風、凶作風とも。「病ませ」の字も当てられるほど、怖(おそ)れられる風である。

 しかしこの句には、そんな厳しさと同時に、いたちの機敏でしなやかな姿態も想像される。「やませ来る」で切れ、すぐさま自然なスピード感をもって起伏する表現の呼吸。句自体が、美しい獣のようだ。鬼房七十一歳の作品。

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1331文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集