メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

小島ゆかり・評 『佐藤鬼房俳句集成 第一巻 全句集』=佐藤鬼房・著、高野ムツオ・編

『佐藤鬼房俳句集成 第一巻 全句集』

 (朔出版・1万4300円)

 やませ来るいたちのやうにしなやかに     『瀨頭(せがしら)』

 なんとしなやかで、なんとしたたかな俳句かと思う。鬼房(おにふさ)という名とともにあると、いっそう凄(すご)みを帯びて忘れ難い。

 「やませ」は夏の季語。冷たく湿った北東の風で、北海道や東北地方にしばしば冷害をもたらすという。飢餓風、凶作風とも。「病ませ」の字も当てられるほど、怖(おそ)れられる風である。

 しかしこの句には、そんな厳しさと同時に、いたちの機敏でしなやかな姿態も想像される。「やませ来る」で切れ、すぐさま自然なスピード感をもって起伏する表現の呼吸。句自体が、美しい獣のようだ。鬼房七十一歳の作品。

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです