メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『翻訳の授業 東京大学最終講義』=山本史郎・著

『翻訳の授業 東京大学最終講義』

 (朝日新書・869円)

′you are only quite a littlefellow in a wide world after all.′′Thank goodness!′

 「結局、君は広い世界の小者でしかない」「ありがたい!」と直訳される会話。「翻訳」するとこうなる。「君とてしょせんちっぽけな存在にすぎん。世界はとてつもなく大きいのじゃよ!」「くわばらくわばら」

 著者は昨春東大を退官した英文学教授で、トールキン『ホビット』などの邦訳でも知られる。冒頭の引用は同書より、魔法使いと主人公の会話。翻訳とは、文章を手がかりに、作者の脳内イメージ(造語で「意味空間」)を己の頭の中に再現し、そこから別の言語で「適切な表現を引っ張り出してくる」営み、と著者は説く。魔法使いが言外ににおわせる「私が黒幕だ」という意識をも写し取ってこそ、翻訳なのである。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. 「崖暮らし」の子ヤギ 「ポニョ」と呼ばれ人気者に 救出作戦練る飼い主 千葉・佐倉

  5. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです