メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 安心、涼しいほほ笑み 透明うちわでおもてなし 京都

フェースシールドの代わりに、透明のうちわで口元を覆う舞妓ら=京都市東山区で2020年7月31日午後5時43分、川平愛撮影

 京都五花街の一つ、宮川町は新型コロナウイルスの感染防止対策として、扇部分が透明のうちわを芸舞妓(げいまいこ)に配布した。客と話す際に透明のうちわで口元を覆えば表情も見えて興をそがない=写真・川平愛撮影。

 京都の花街では夏のあいさつとして、芸舞妓が得意先に名入りのうちわを配る習慣があり、季節を告げる品と…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです