メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週末のNY株反発、114ドル高の2万6428ドル 急騰アップルが主導

ニューヨークのウォール街(ゲッティ=共同)

[PR]

 7月31日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比114・67ドル高の2万6428・32ドルで取引を終えた。決算が好調だったアップルが急騰し、相場を主導した。

 新型コロナウイルスの感染拡大による経済停滞への懸念が相場の重しとなり、ダウ平均の下げ幅は一時、300ドルに達した。しかし、アップルの株価が10%超上昇して最高値を更新し、相場を押し上げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は157・46ポイント高の1万0745・27と続伸した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  4. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです