メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週末のNY株反発、114ドル高の2万6428ドル 急騰アップルが主導

ニューヨークのウォール街(ゲッティ=共同)

[PR]

 7月31日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比114・67ドル高の2万6428・32ドルで取引を終えた。決算が好調だったアップルが急騰し、相場を主導した。

 新型コロナウイルスの感染拡大による経済停滞への懸念が相場の重しとなり、ダウ平均の下げ幅は一時、300ドルに達した。しかし、アップルの株価が10%超上昇して最高値を更新し、相場を押し上げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は157・46ポイント高の1万0745・27と続伸した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです