就活生を支援 オンライン説明会「ジョブ・フェア」 1~2日、経団連など

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
経団連=東京都千代田区大手町1で、高添博之撮影
経団連=東京都千代田区大手町1で、高添博之撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で就職活動に影響が出ている学生を支援するため、経団連と大学による産学協議会は1~2日、オンラインの就職説明会「ジョブ・フェア」を開催する。計63社の企業・団体が、2021年春に卒業予定の学生約1150人に対し採用の機会を設ける。経団連が国内の学生向けに就職説明会を開くのは初めて。

 ジョブ・フェアに集まった企業は電機メーカーや鉄道、商社、建設などで、本社の所在地は13都府県に上る。就活生は専用サイトで登録した後、メールで配信される企業・団体の情報閲覧サイトで説明会や座談会のスケジュールを確認し、それぞれ参加する仕組み。午後1~5時の開催時間内も登録可能で、採用の申し込みに進むこともできる。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文605文字)

あわせて読みたい

注目の特集