メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著名人ツイッター乗っ取り 17歳少年ら3人訴追 米当局 10万ドル相当の詐欺容疑

演説するオバマ前大統領=米中西部オハイオ州で2018年9月、高本耕太撮影

 オバマ前米大統領ら政財界の著名人のツイッターアカウントが乗っ取られたハッキング事件で、米司法省と南部フロリダ州捜査当局は7月31日、17歳の少年ら若者3人を訴追したと発表した。約130のアカウントを攻撃し、うち45のアカウントを乗っ取って金融詐欺に悪用、10万ドル(約1060万円)相当をだまし取った疑いが持たれている。

 事件は7月15日に発生。乗っ取られたオバマ氏のアカウントでは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会支援として、特定のアドレスに暗号資産(仮想通貨)のビットコインで送金するよう投稿があった。「1000ドル送金してもらえれば2倍にして返す」との内容だった。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです