メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著名人ツイッター乗っ取り 17歳少年ら3人訴追 米当局 10万ドル相当の詐欺容疑

演説するオバマ前大統領=米中西部オハイオ州で2018年9月、高本耕太撮影

 オバマ前米大統領ら政財界の著名人のツイッターアカウントが乗っ取られたハッキング事件で、米司法省と南部フロリダ州捜査当局は7月31日、17歳の少年ら若者3人を訴追したと発表した。約130のアカウントを攻撃し、うち45のアカウントを乗っ取って金融詐欺に悪用、10万ドル(約1060万円)相当をだまし取った疑いが持たれている。

 事件は7月15日に発生。乗っ取られたオバマ氏のアカウントでは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会支援として、特定のアドレスに暗号資産(仮想通貨)のビットコインで送金するよう投稿があった。「1000ドル送金してもらえれば2倍にして返す」との内容だった。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです