メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都の中学校 部活動で新型コロナのクラスター 練習試合相手にも広がる

京都市役所=京都市中京区で、飼手勇介撮影

[PR]

 京都市教委は7月31日、市立中学校で女子生徒6人が新型コロナウイルスに相次いで感染し、うち5人が同じ部活動に所属しており、クラスター(感染者集団)が発生したと発表した。この中学校と練習試合をした他の2校でも女子生徒各1人の感染が確認され、一連の感染者は計8人となっている。

 市教委によると、7人は同23~25日に市内であった部活動の練習試合に参加。その後、生徒1人の感染が同27日に分かり、市は対戦した学校を含め、練習試合に参加した生徒46人のPCR検査(遺伝子検査)を進めていた。部活動が何かは公表していない。最初に陽性と判明した生徒の母親は、別のクラスターが発生していた市立病院(同市中京区)を見舞いで訪れ、感染が確認されていた。

 市教委は感染者が出た3校について校内の消毒を実施。学校は8月1日から夏休みで、同18日まで部活動など全ての活動を中止する。【小田中大】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです