特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

部活も怒られたこともみんな思い出 震災乗り越えた校舎に別れ 女川小・中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
現校舎最後の記念撮影で手を取り合う女川中の生徒たち=宮城県女川町の同校で2020年7月31日、百武信幸撮影
現校舎最後の記念撮影で手を取り合う女川中の生徒たち=宮城県女川町の同校で2020年7月31日、百武信幸撮影

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県女川町の中心部に女川小・中学校の新校舎が完成し、現校舎で最後の終業式の31日、女川中と女川小の児童生徒がそれぞれ、思い出の詰まった学びやに感謝と別れを伝えた。

 両校舎はそれぞれ町の中心部を見下ろす高台にあり、震災の津波は及ばなかったが、自宅を流された児童生徒や住民が一時避難するなど、被災の記憶を歴史に刻む。元々は女川中が1967年に完成した女川一中校舎、女川小は81年建造の女川二小校舎。今夏、小・中併設の新校舎が町役場の向かいに完成し、8月23日の2学期始業式から通学する。

 女川中ではこの日、「校舎お別れ会」が開かれた。生徒会執行部が現校舎に感謝を込めて製作した映像を全校生徒で視聴後、ベランダに並び、現校舎で最後の記念撮影。一斉に教室の方へ振り返り、「ありがとうございました」と一礼した。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文757文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集