メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「アントニオ猪木酒場」最後の新宿店が閉店 メニューにカクテル「流血場外乱闘」

アントニオ猪木酒場ウェブサイトより

[PR]

 アントニオ猪木さんがプロデュースした居酒屋「アントニオ猪木酒場」新宿店が7月31日、閉店した。同店は新型コロナウイルスの影響で、4月から一時臨時休業。6月から営業を再開していた。2006年に池袋店がオープンして以来、仙台、沖縄などにも店舗があったが、すべて閉店し、新宿店のみ残っていた。

 同店は、アントニオ猪木さんがプロレスラーとして活躍した昭和をイメージし、プロレスリングのようなインテリアが楽しめるほか、ゆかりのグッズが飾られていた。「コブラツイストうずまきウインナー」や、「アマゾンから奇跡の生還」「流血場外乱闘」と名付けられたカクテルなど、猪木さんをイメージしたメニューを扱っていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです