メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020ヒバクシャ

中沢啓治さん 平和こそ「最高の宝」 死してなお響く次世代へのメッセージ

中沢啓治さんの墓前に立つ妻ミサヨさん=広島市西区で2020年6月16日、山田尚弘撮影

 広島と長崎は原爆投下から75回目の夏を迎えた。キノコ雲の下で何が起きたのかを捉えた映像は存在しない。住み慣れた街が地獄絵図と化し、人々はどんな体験を強いられ、どんな恐怖にさらされたのか。原爆への怒りに突き動かされた反骨の漫画家は、脳裏に焼き付けた惨状だけでなく、差別など被爆者が抱えた苦悩までも世に知らしめた。記録報道「2020ヒバクシャ」の6回目は、彼が残したものに迫る。

この記事は有料記事です。

残り4532文字(全文4720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです