特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

7月の感染者、21都府県で1~6月の総数上回る 鹿児島21.9倍 宮崎7.3倍

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
クラスターが発生した飲食店の周辺は日中も人通りがほとんどなくなった=浜松市中区で、太田圭介撮影
クラスターが発生した飲食店の周辺は日中も人通りがほとんどなくなった=浜松市中区で、太田圭介撮影

 7月に確認された新型コロナウイルスの感染者数を毎日新聞が集計したところ、21都府県で1~6月までの合計を上回った。東京は6466人で6月末までの6225人を超え、大阪は2224人となり6月末までの1・2倍を記録した。愛知は1277人で2・5倍だった。都市部だけでなく、沖縄などクラスター(感染者集団)が発生した地方での急増も目立った。

 感染者数が6月末までの合計を上回ったのは他に埼玉、福岡、京都、沖縄、鹿児島、岐阜、奈良、熊本など。伸び率が高かったのは、0人から3人となった岩手のほか▽鹿児島21・9倍(11人→241人)▽宮崎7・3倍(17人→124人)▽鳥取4倍(3人→12人)▽長崎3・4倍(17人→57人)――などで地方が大半を占めた。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1304文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集