特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

甲子園球場が密に? 観客が一塁側・ライトスタンドに集中 収容拡大想定で販売

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
甲子園球場=中村真一郎撮影
甲子園球場=中村真一郎撮影

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で8月1日にあった阪神―DeNA戦で、約5000人の観客が一塁側やライトスタンドに集中した。球場の担当者によると、当初、1日から、現在上限5000人の収容人数を1万8000人に拡大することを想定してチケットを先行販売したため、ホームチーム側の人気の席から埋まり、偏りが出てしまったという。

 政府は8月1日から大規模イベントの人数制限を収容率50%以内に緩和する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で1カ月延期を決めた。これを受け、日本野球機構(NPB)は7月23日に上限5000人の継続を決定した。だが、阪神はそれより前の7月17日から、1万8000人を上限とする席割りで年間予約席の契約者などに先行販売を始めていた。

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文459文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集