メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦力外、育成から栄光の「19」へ 巨人・田中豊樹、上原さんに重ねる思い

ヤクルト戦の九回、支配下契約された当日に育成時代のユニホームで登板した巨人・田中豊=神宮球場で2020年7月26日

 プロ野球選手の背番号は、単なる数字以上の意味を持つ。戦力外、育成選手を経て、7月26日に支配下選手契約を勝ち取った巨人の田中豊樹投手(26)の新たな背番号は「19」。球団ではOBの上原浩治さんや菅野智之らがつけた重い番号だ。ほぼ実績のない田中豊は「19」に何を思い、球団はどんな期待を込めたのか。

 出番はいきなりやってきた。支配下登録が発表になった当日のヤクルト戦(神宮)。5点リードの九回のマウンドを託された。ユニホームが間に合わず、背番号は育成選手が背負う3桁の「018」のままだったが、ストライク先行の投球で、3者凡退で試合を締めた。「勝ちのゲームで投げさせてもらい、本当にスタートした実感が湧いた」とうれしさ半分、緊張半分の無失点デビューだった。

 原辰徳監督は「育成とはいえ、経験がある投手。物おじせず、本来の投球をしてくれた」と評した上で、背番号についてこう説明した。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです