連載

再開の土俵

五月場所の休場を経て再開された大相撲の七月場所。日本相撲協会が新型コロナウイルス感染対策の徹底を図る中、困難な状況で土俵に立ち向かう力士たちの姿を追います。

連載一覧

再開の土俵

「ジムが一緒」 角界プチ情報も人気 若手親方がユーチューブで生解説

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ソーシャルディスタンス(社会的距離)に配慮し、アクリル板で仕切って取組の解説をする(左から)岩友親方、小野川親方、音羽山親方、不知火親方
ソーシャルディスタンス(社会的距離)に配慮し、アクリル板で仕切って取組の解説をする(左から)岩友親方、小野川親方、音羽山親方、不知火親方

 新型コロナウイルスの感染防止対策として、東京・両国国技館の観客数を通常の4分の1程度(約2500人)に制限して開催している大相撲7月場所。チケットを入手できなかったり、外出を自粛したりして現地観戦ができない相撲ファンへのサービスとして、日本相撲協会は動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルで、取組の解説を生配信している。幕内の取組に合わせて若手親方が角界の裏話を交えて語る「親方ちゃんねる」はファンの間でおなじみとなり、アーカイブの再生回数が連日1万回前後の人気コンテンツとして定着した。

 場所初日の7月19日、小野川親方(元前頭・北太樹)が「照ノ富士とは通っているジムが同じでよく一緒になったけど、すごく努力していると感じる」と明かせば、2日目にはテレビ解説を終えて登場した音羽山親方(元前頭・天鎧鵬)が「こちら(ユーチューブ)の方がプライベートなことも含めて、いろいろなエピソードを話せる」とにこやかに語った。幕内の取組解説の合間に行われる軽妙なおしゃべりの中に、相撲部屋の内情や力士…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文1053文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集