メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

J1鳥栖に発熱者 当日に連絡、試合開催 FC東京・長谷川監督「行うべきでなかった」

FC東京の長谷川健太監督=藤井達也撮影

[PR]

 J1・FC東京の長谷川健太監督は1日の鳥栖戦後、鳥栖の遠征メンバーに試合前夜に発熱した選手がいたため、クラブを通してJリーグに問い合わせた上で試合が行われたと明らかにした。

 試合当日の午後に鳥栖側から話があったという。その選手は試合のメンバーには入らなかったものの、長谷川監督は「濃厚接触者がいるかどうか分からない中で、試合を行うべきではなかった」と話した。

 試合前にFC東京の選手に「不安ならやらなくてもいい」と伝えたが、出場を辞退する選手はいなかったという。【斉藤雅春】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです