メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポットライト

児童文学作家 あんびるやすこさん 意地悪キャラを見守って

[PR]

 「ムーンヒルズ魔法まほう宝石ほうせきてん」シリーズは、宝石ほうせきこえくことができる新米しんまい魔女まじょのパールが、魔法まほう宝石ほうせきてんでジュエリーづくりにはげむ物語ものがたりです。シリーズだいだん魔法まほう絵筆えふでとしあわせの呪文じゅもん」が発売はつばいされました。作者さくしゃ児童文学作家じどうぶんがくさっかの、あんびるやすこさんに、新作しんさくやアクセサリーについてきました。【篠口しのぐち純子じゅんこ

 Q 今回こんかい宝石ほうせきをテーマにしたのはどうしてですか。

 あんびるさん 宝石ほうせきには伝説でんせつ民話みんわがたくさんあります。たとえば、のろわれた宝石ほうせき病気びょうきなおいし災難さいなんよけのいしなどの伝説でんせつがあり、ワクワクする物語ものがたりけるのではないかとおもいました。テーマがなんであれたのしめる物語ものがたりきたいとおもっています。

 Q 意地悪いじわる魔女まじょセレニティスや、くちわるパンダのアンバーといったキャラクターがてきますね。

 あんびるさん 意地悪いじわるなキャラクターは、このシリーズがはじめてです。これまでのシリーズは1さつひとつのおはなしになっていて、どのかんんでもたのしめるようになっています。今回こんかいは、かんかさねるうちに意地悪いじわるなキャラクターがどうわっていくかをこうとおもいました。

 Q 最新刊さいしんかんでは、にとじこめられたセレニティスの過去かこあきらかになります。

 あんびるさん セレニティスはっからわるひとではありません。信用しんようできる友達ともだちもいました。そこをえがくことで、読者どくしゃにセレニティスを応援おうえんする気持きもちになってほしいです。

 Q 大変たいへんなところやたのしいところは、ありますか。

 あんびるさん アクセサリー職人しょくにん目指めざひとのための学校がっこう取材しゅざいしました。歯医者はいしゃのような機械きかい専用せんようつくえがあって、おもしろかったです。物語ものがたりときはサンプルをあつめて、想像力そうぞうりょくをかきたてます。「ルルとララ」ではお菓子かしべたり、「なんでも魔女まじょ商会しょうかい」ではリボンを30センチメートルずつあつめたりしました。宝石ほうせきたかくてなかなかえませんが、宝石ほうせきて「この宝石ほうせきはなんてはなすかな」「パールがたらどうおもうかな」とかんがえるとたのしくなります。

 Q 宝石ほうせきけますか。

 あんびるさん 指輪ゆびわきです。指輪ゆびわかがみがなくても、けているのをることができます。おまもりのようなところもあります。たとえば会議かいぎがあるは、「勇気ゆうきあたえる」という石言葉いしことば指輪ゆびわけていきます。意見いけんおうかまよったとき手元てもとると、「この意見いけんうためにたんだ」と後押あとおしされます。

 Q 巻末かんまつには、おはなしてくるアクセサリーのつくかた紹介しょうかいされていますね。

 あんびるさん 今回こんかいはプラバンでつく指輪ゆびわです。はいりやすい材料ざいりょうどもが簡単かんたんつくれるように、毎回まいかいつくかたかんがえています。ぜひチャレンジしてみてください。


 ☆ムーンヒルズ魔法まほう宝石ほうせきてん4 魔法まほう絵筆えふでとしあわせの呪文じゅもん講談社こうだんしゃ/1210えん

  ムーンヒルズ魔法まほう宝石ほうせきてんに、不思議ふしぎふでった画家がか魔女まじょがやってきました。500ねんまえにセレニティスをなかにとじこめた魔女まじょ子孫しそんだというのです。


プロフィル

 群馬県ぐんまけんまれ。東海大学とうかいだいがく文学部ぶんがくぶ卒業そつぎょうし、テレビアニメの美術びじゅつ設定せってい担当たんとうしたのち、おもちゃの企画きかくデザインにたずさわり、絵本えほん児童書じどうしょ創作そうさくするように。おもなシリーズに「ルルとララ」「なんでも魔女まじょ商会しょうかい」など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです