メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エアアジアJ、福岡便を就航 中部空港「第2」初、新路線 /愛知

福岡便就航を祝いテープカットするエアアジア・ジャパンの会田純COO(中央)ら関係者=中部空港で

 中部空港(常滑市)に本社を置く格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパンは1日、福岡便を就航させた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止していた仙台便も約4カ月ぶりに運航を再開した。

 福岡便は同社の国内3路線目で、当初は4月下旬就航予定だったが、3カ月遅れの初フライトに。エアバスA320の18…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです