メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日紙上書道展 6月度入賞作品/下 /兵庫

 ■選・座本大〓さん

 ◆特別優秀作品

 力感のある動きで躍動した行書体。筆先まで神経が行き届いた集中力が素晴らしい。

 ◆優秀作品

 穂先に緊張を与えて鋭く動き、雁塔聖教序の特徴を細部まで観察して上手に捉えましたね。

 速い動きで次々と伸びやかに進む線は小気味よく、そして全体をサラリとおさめた力量は見事。

 点画の要所を決めながら、しっかりとした足取りで筆が活躍しています。余白が美しい。

 ゆるぎない線で確かな字形を生み4字の調和がとれています。実力を感じる見事な出来栄えです。

 生命力のある強いエネルギーで一貫し、作品の魅せ方を心得ています。腕は練習の賜物ですね。

 力みなく爽やかで、正に安全運転の運筆です。線の太細が作品を明るくし、「運」は特に立派。

 統一感のある点画の連続性に、行書の表現力の豊かさを感じます。伸びやかで文字が明るい。

 緊張した線質を最後まで保たせる力量は、日々の学書の成果でしょう。富士の雲海が見えます。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです