メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後75年

8・6 式典のハト、コロナで訓練困難 「平和の象徴」飛ばず /広島

平和記念式典で放たれる予定だった細川清さん(左)のハト=広島県熊野町で2020年7月21日午後2時54分、園部仁史撮影

 広島市は今年の原爆の日(6日)の平和記念式典で、「平和の象徴」のハトを飛ばさないことを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ハトが巣箱に戻る訓練を十分にできなかったことなどから、断念した。

 市によると、原爆の日の「放鳩(ほうきゅう)」は、1947年の第1回平和祭(現・平和記念式典)で、被爆者らが白いハト10羽を持ち寄り、空に飛ばしたのが始まり。以降は記録がない53年と大雨が降った2014年を除き、市長が「平和宣言」を読…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです