メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

戦後75年の歩みを考えると…

[PR]

 戦後75年の歩みを考えると、四半世紀ごとに時代の節目といえる出来事があった。1970年は大阪万博。95年には阪神大震災にオウム真理教の地下鉄テロ。今年は東京五輪のはずだったが、コロナ禍に取って代わられた▲50年前のきょう、東京で初めて実施されたのが歩行者天国だ。交通戦争が叫ばれた時代。交通事故死者数はこの年、1万6000人を超えてピークに達した。自動車より人が主役という試みで、80万人以上が銀座など5カ所の大通りをうずめた▲翌日の本紙は「日本版アース・デー(地球の日)」と表現している。地球環境を考えるアース・デーは70年4月に米国で初めて開催された。日本でも公害が深刻化していた。光化学スモッグが初めて報告されたのもこの年だ。自動車の締め出しには排ガス規制の意味もあった▲その後、全国に広がり、原宿の「竹の子族」など「ホコ天」文化も生まれた。周辺の渋滞などを理由に原宿での実施が中止された98年以降は減少傾向が続いていたが、近年、地域活性化につなげようと再び、関心が高まっている▲外国人観光客をにらみ、歩行者天国でオープンカフェや大道芸のパフォーマンスを実施する地域も増えた。インバウンド需要は当面ストップ状態だが、コロナ禍で散歩が習慣となった人も多い。歩行者に優しい空間の必要性はさらに高まりそうだ▲欧米でも外を歩き、自転車に乗る楽しさが見直されているという。節目の年を人間中心、環境重視の新しい生活につなげたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです