メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

コロナ禍の最適解 「ゼロか100か」を脱しよう=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介さん=玉城達郎撮影

 7月下旬の4連休、年末まで閉鎖された某大学のキャンパス近く。客の姿のない飲食店内に、頭を抱えて座る店主を見た。

 片やスポーツ大会に学園祭に修学旅行、果ては大学の講義までをも中止する教育界。片や感染再拡大の最中に旅行需要喚起策「Go Toトラベル」キャンペーンを行う政府。まさに「ゼロか100か」だが、間のどこかに最適解はないのか。東京都民は政府補助の対象外となったとはいえ、閉鎖中の大学の教員や職員が、この際だからと地方旅行にでも出かけていたら、これほどの皮肉はない。

 新型コロナウイルスの場合、パンデミック(ウイルスの感染爆発)の程度は、毎日発表される数字から推論できる。しかし世論はワイドショーにあおられ、実態無視のインフォデミック(恐怖心の感染爆発)が真っ盛りだ。厚生労働省の試算によると、20代以下の陽性判明者の死亡率は0・0%、重症者割合も0・0%なのに、キャンパスを閉鎖し各種行事を中止するとは、「知の拠点」のはずの大学がインフォデミックに陥っているのでは…

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです