メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

経営者の善管注意義務って? プロとしての行動・判断 関電巡る裁判で焦点に=回答・鈴木健太

記者会見で厳しい表情を見せる関西電力の岩根茂樹社長(奥)と八木誠会長(肩書は当時)=昨年10月、小出洋平撮影

 なるほドリ 関西電力が旧経営陣5人に損害賠償(そんがいばいしょう)を求める民事裁判(みんじさいばん)を起こしたね。5人が「善管注意義務(ぜんかんちゅういぎむ)」に違反(いはん)したと言っているけど、どういう意味なの?

 記者 「善良な管理者の注意義務」の略です。民法や会社法は、会社の経営を任された取締役(とりしまりやく)や監査役(かんさやく)には「プロの経営者」として注意を十分払って行動する義務があると定めています。法令(ほうれい)違反の防止を求められるほか、注意がおろそかで会社が損をした場合、義務違反に問われて損害賠償を請求されることがあります。

 Q 裁判所が義務違反を認めた例はある?

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです