メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾民主化の父しのぶ 李登輝元総統の献花台設置

李登輝元総統の遺影に花を手向ける蔡英文総統(手前)=中央通信提供

 7月30日に97歳で死去した台湾の李登輝元総統をしのぶ献花台が1日、台北市の迎賓館「台北賓館」に設置された。早朝から大勢の市民が行列を作り、台湾の民主化を先導した業績に思いをはせた。献花台は16日まで設置される。

 献花台には李氏が笑みを浮かべる写真が飾られた。蔡英文総統も訪れ、花を手向けた。会場には参拝者が付箋に思いを記して貼るメッセージボードが設置され、蔡氏は「あなたが…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです