メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 斎藤慎太郎八段-糸谷哲郎八段 第3局の1

 梅雨入りを迎えた大阪。分厚い雲が空を覆い、じめじめとした空気が肌にまとわりついてくる。

 初戦にして関西対決の本局。前期4勝5敗の糸谷は6位スタート。午前9時40分ごろ棋士室に姿を見せると、壁に貼られた棋戦進行表を眺めてから5階に向かった。対する斎藤は今期A級初参加。御上段の下座に着くと群青の扇子をさっと広げた。対戦成績は3勝3敗。駒を並べ終えると糸谷がふらっと席を立ち、水とお茶を手に戻ってきた。ペットボトルを水滴が伝う。

 定刻。斎藤はすっと背筋を伸ばし天を仰ぐと、静かに目を閉じた。新天地での初戦。ほんのり赤くなった指先で飛車先を伸ばすと、糸谷がノータイムで応える。パタパタと手が進み、将棋は一手損角換わりになった。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです