メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 大阪にできた「総合取引所」って何?=回答・釣田祐喜

7月27日から取引がスタートした総合取引所

株も大豆も一括売買可 国際競争力向上に期待

 なるほドリーマン君 大阪に日本初の「総合取引所」が誕生したと聞いたよ。どういうものなの?

 記者 株式などの金融商品だけでなく、農産物や貴金属などの商品までを一括して取引できるところが「総合取引所」です。これまで日本取引所グループ(JPX)という持ち株会社の傘下に、主に上場企業の株式を取引する東京証券取引所▽日経平均先物や日本国債先物などの金融商品を取引する大阪取引所▽貴金属や農産物などの商品先物を取引する東京商品取引所(東商取)――の三つの取引所があり、それぞれ違う金融商品や商品を取り扱っていました。東商取で扱っていた商品先物のうち、農産物や貴金属、ゴムなど多くの種類を大阪取引所に移した結果、大阪取引所が総合取引所になり、7月27日から取引が始まりました。

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです