連載

斎藤幸平の分岐点ニッポン

毎日新聞デジタルの「斎藤幸平の分岐点ニッポン」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

斎藤幸平の分岐点ニッポン

資本主義の先へ 5人で林業 ワーカーズコープに学ぶ 「よい仕事」ゼロから

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ネクストグリーン但馬」のメンバー、佐藤孝幸さん(右)に林業について聞く斎藤幸平さん=清水有香撮影
「ネクストグリーン但馬」のメンバー、佐藤孝幸さん(右)に林業について聞く斎藤幸平さん=清水有香撮影

人と山つなぎ、コミュニティーを/「地域の財産」森の整備に力

 気鋭の経済思想家、斎藤幸平さん(33)がこれからの社会を考えるヒントを求めて現場を歩く連載。今回は、働く人が出資して経営に参加する「協同労働」がテーマ。労働者の主体的な関わりを重視する働き方とはどういうものか。地域に根ざす協同労働を実践する「ワーカーズコープ(労働者協同組合)」=*=に学ぼうと、兵庫県豊岡市へ向かった。(写真はいずれも豊岡市で撮影)

 「各人が経営者として考え、行動する」。豊岡市で林業を営む「ネクストグリーン但馬」(NGT)のメンバー、竹平裕貴さん(39)の言葉を聞いた時、脳裏に浮かんだのは、自著『未来への大分岐』で2018年に対談した哲学者マイケル・ハートだった。彼は資本主義に抗する労働者の力を「アントレプレナーシップ(企業家精神)」と銘打ったのだ。

この記事は有料記事です。

残り2908文字(全文3275文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集