メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2020 故・中沢啓治さん 平和は宝「ゲン」に込め

中沢啓治さんの墓前に立つ妻ミサヨさん=広島市西区で2020年6月16日、山田尚弘撮影

 <75年 核なき世界はまだか documentary report 261>

 広島と長崎は原爆投下から75回目の夏を迎えた。キノコ雲の下で何が起きたのかを捉えた映像は存在しない。住み慣れた街が地獄絵図と化し、人々はどんな体験を強いられ、どんな恐怖にさらされたのか。原爆への怒りに突き動かされた反骨の漫画家は、脳裏に焼き付けた惨状だけでなく、差別など被爆者が抱えた苦悩までも世に知らしめた。記録報道「2020ヒバクシャ」の6回目は、彼が残したものに迫る。(7面に特集)

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです