メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

プラド美術館 驚異のコレクション 自然な映像で美術紹介 言葉での語りとも調和

 海外旅行の楽しみをウイルスに奪われた夏。飛行機には乗れませんが、バーチャルな旅に出かけましょう。旅の行き先は、スペインのマドリード。エル・グレコ、ディエゴ・ベラスケス、なによりもフランシスコ・デ・ゴヤのコレクションによって知られるプラド美術館を紹介したドキュメンタリーです。

 いくつものお話が相前後しながら伝えられます。ひとつは、プラド美術館の歴史。フェリペ2世を代表とする帝国の時代にさかのぼり、美術のパトロンとしてのスペイン王の姿を描いてゆきます。帝国の版図はヨーロッパに広がっていただけに、スペインばかりでなくフランドル、さらにイタリアの美術が集められました。

 それらの作品を展示したのがプラド美術館。王立美術館として生まれ、1868年革命後に現在の名称となります。芸術を志す人はプラドに通い、出合った作品からインスピレーションが生まれる。ルイス・ブニュエルもサルバドール・ダリも、プラドを見て育ったんですね。プラドという空間の成り立ちと歴史的意義を辿(たど)るのが、この映画の第一の軸です。

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 正代、大関昇進決定「至誠一貫の精神で相撲道にまい進」

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 開成高校で「なりすまし登校」 入試合格生徒とは別の少年が授業に 教諭ら気付かず

  5. ラグビー元日本代表の湯原祐希さん死去 36歳 2011、15年W杯代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです