メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

子への暦年贈与 無駄遣いが心配

ファイナンシャルプランナーの平田純子さん

 Q 子への暦年贈与 無駄遣いが心配

 2人の子供へ暦年贈与を考えています。息子は金銭管理で不安な面があり、現金の手渡しや口座への振り込みだと日常的に無駄遣いをしてしまわないか心配です。何か良い方法はないでしょうか。(女性、60代)

 A 相続税や贈与税の対策として活用例の多い暦年贈与には、民間金融機関の「暦年贈与信託」という商品の利用や受贈者名義の口座を新たに作成し振り込むという手法がありますが、いずれも贈与されたお金の管理者は受贈者です。相談者のように受贈者にお金の管理面で不安があるケースでは、生命保険を活用するとよいかもしれません。生命保険の契約者を受贈者とし、受贈者が負担する毎月や毎年の保険料に相当する額を贈与者からの暦年贈与から充てるとの内容です。保険の種類や被保険者を誰に設定するかにより、保険契約の目的や効果、税金などが変わってきます。

 例えば、契約者・受取人を受贈者、被保険者を贈与者とした終身保険の活用例では、被保険者が死亡した場合、契約者は保険金を受け取れます。保険料の払込期間を10年間など短期で設定すれば、保険金額は通常、払い込んだ保険料よりも大きくなります。この場合の税金は所得税です。仮に贈与者生存中に、受贈者にマイホーム購入など資金需要が発生した際は、保険契約を解約して解約返戻金を受け取ることも可能ですが、この受取額は…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  2. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです