メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ENEOS、ハイオク「ヴィーゴ」他社にも供給 5年間「国内で唯一」と宣伝

「ENEOS NEW ヴィーゴ」の発売を告知する2004年12月のニュースリリース。「国内で唯一、摩擦調整剤を配合」と記載されている。

 石油元売り最大手ENEOSがハイオクガソリン「ENEOS NEW ヴィーゴ」(現在は販売終了)をコスモ石油に供給していたのに、2005年からの5年間「国内で唯一、摩擦調整剤を配合」と、コスモを含む他社ブランドより優れていることを強調する宣伝をしていたことが判明した。ENEOSは問題ないとの見解だが、専門家は「同品質の製品を他社に供給すれば『唯一』という宣伝文句に合理的根拠はなくなる」と指摘する。ヴィーゴの性能を評価して給油した消費者からは、不誠実な宣伝だったとの批判が出そうだ。

 関係者によると、コスモはENEOSからヴィーゴを仕入れ、東北や中部地方の系列スタンドに出荷。系列スタンドはコスモの自社ブランド「スーパーマグナム」として販売していた。本来のスーパーマグナムには摩擦調整剤は添加されていないため、コスモの顧客の一部は知らずにヴィーゴを購入していた形だが、ENEOSのスタンドでしかヴィーゴを給油できないと思っていた顧客は裏切られたことになる。

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. 時代遅れの印紙税 実は銀行預金通帳のデジタル化を後押し?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです