メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜトランプ氏の支持者は離れたのか 低迷招いた誤算、マスクで挽回できぬ苦悩

視察の際にマスクを着用するトランプ大統領=ワシントンで7月30日、AP

 11月3日の大統領選投開票日まで残り3カ月となった米国では、新型コロナウイルス感染による死者が15万人を突破した。経済活動が停滞し、危機発生前に好調な経済の恩恵を訴えていた共和党現職、ドナルド・トランプ大統領(74)の再選戦略は大きく狂った。選挙集会の自粛が続き、共和、民主両党の全国党大会も規模縮小を強いられるなど、パンデミック(世界的大流行)に襲われた前例のない選挙戦が進行している。【ワシントン高本耕太、古本陽荘】

 「感染拡大は制御不能の状態。科学や公衆衛生より政治が優先され、医療現場の声がかき消されている」。南部フロリダ州ウエストパームビーチの看護師、ダーリーン・デンプシーさん(52)は憤る。州南部の病院は集中治療室(ICU)の病床占有率が限界に近づいた。医療物資は不足し、スタッフのマスク交換は週1度だけ。共和党支持者だったが「ここの知事と大統領には二度と投票しない」と決めている。

 7月中旬以降、フロリダ州は1日当たりの新規感染者数が1万人前後で推移する。累計感染者は48万人を超え、州人口の45人に1人が感染した計算だ。

この記事は有料記事です。

残り3036文字(全文3506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです