メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の顔、1万2000本 ヒマワリ迷路見ごろ 島根・益田

見ごろを迎えたヒマワリの迷路=島根県益田市美濃地町で2020年7月30日午前9時53分、竹内之浩撮影

[PR]

 島根県益田市美濃地町の休耕田20アールで、地元住民らが育てた1万2000本のヒマワリ迷路が見ごろを迎えた。5日ごろまで楽しめそう。

 迷路は景観保全と地域のPRのため2年前から地元女性20人でつくる「ジャスミンの会」が始めたが、高齢化で世話に手が回らなくなり、今年から地域自治組織「はつらつ美濃の里」に引き継いだ。

 5月下旬の種まき後の雨不足や長梅雨の日照不足で生育が10日ほど遅れた。例年なら2メートルある高さは大半が1.5メートル程度で大輪も小ぶり。それでも一面に広がる黄色い花は本格的な夏の到来を感じさせる。

 同組織の三浦満会長(74)は「一時はどうなるかと心配したが、何とか鑑賞できるレベルになった。遊休地が増えているので『ヒマワリの里』になるよう地域を挙げて取り組みたい」と話した。【竹内之浩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです