メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紅、桃、白、黄色 ハスの花に癒やされて 霞ケ浦湖畔で見ごろ 茨城

見ごろを迎えているハスの花=茨城県土浦市大岩田の霞ケ浦総合公園花蓮園で、2020年7月29日、庭木茂視撮影

[PR]

 霞ケ浦湖畔にある茨城県土浦市大岩田の霞ケ浦総合公園花蓮園で、ハスの花が見ごろを迎えている。国内有数の200品種が栽培され、明け方から咲き始めるため、早朝から花を愛(め)でる人々やカメラマンたちが訪れている。

 市によると、約700平方メートルの花蓮園には、80の小分けした栽培池と140個の樽(たる)に計200品種のハスが栽培され、紅、桃、白、黄色の花が咲いている。花は8月いっぱいまで楽しめるという。

 2017年から3年をかけて30の栽培池を増設した。増設した栽培池には、土浦市内に住む育種家が品種登録したうちの30の独自種が植えられている。

 今年は天候不順のため例年よりも花が少ないという。市は「見ごろは現在最盛期。例年は8月いっぱいが見ごろだが、今年はもう少し楽しめそう」としている。【庭木茂視】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです