メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教材は自然 環境問題に取り組む11歳少女「地球をハッピーにしたい」

バレラシッド愛凛七(ありな)さん

 「人が全ての生き物と分かち合って幸せに暮らせるよう地球をハッピーにしたい」。バレラシッド愛凛七(ありな)さんは環境問題を実践的に学習する「ハッピー・アース」を設立し、活動する。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や、各地のイベントに参加して環境保護の大切さを訴え、自らも行動する。二酸化炭素の排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を千葉県内で初めて宣言した山武市が、その旗振り役として期待する11歳の少女だ。

 「森の代わりに建物が建ち、庭に来る鳥が少なくなり、自分の周りで環境が破壊されていくのを見てきて地球を守らなくてはと思った」。小さい頃から英国人の父の影響で環境問題に関する知識や情報に触れてきた。2年ほど前、浜辺を清掃する「ビーチクリーン活動」に参加してマイクロプラスチックが生き物に与える悪影響を実感し、仲間とエコバッグ持参を呼びかけるポスターを作ってスーパーに貼ってもらうなど活動を始めた。自作の…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです