メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・九州豪雨

「今までなかった」は今の災害に通用しない 奏功した自主防災の取り組み

 7月4日の球磨(くま)川の氾濫で甚大な被害を受けた熊本県球磨村は「防災の村」として知られていた。礎を築いたのが3月まで村長を務めていた柳詰正治(やなづめまさはる)さん(67)だ。

 村議を経て初当選した2012年の7月、九州北部を襲った豪雨により熊本、福岡、大分の3県で30人が亡くなり、人的被害がなかった村でも土石流が発生した。「今まで経験したことがないような災害が毎年のようにどこかで起きている。いずれ村にも来るだろうと思った」と柳詰さん。09年に建設中止が決まった上流の川辺川ダムに代わる治水計画も進展していなかった。

 川沿いの集落のかさ上げなどハード面の対策と並行して柳詰さんは、住民の防災意識を高めることに力を入れた。15年12月に「村民防災会議」を設置し、村内を五つのブロックに分けて災害時に予想される課題などを住民自身に考えてもらう活動を始めた。

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです