メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松山英樹、22位に浮上、首位と8打差 世界選手権ゴルフ第3日

 第3ラウンド、16番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算4アンダーで22位=TPCサウスウインド(共同)

[PR]

 男子ゴルフの世界選手権シリーズ、フェデックス・セントジュード招待は1日、テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(パー70)で第3ラウンドが行われ、33位で出た松山英樹は5バーディー、2ボギーの67と伸ばし通算4アンダー、206で22位に順位を上げた。首位と8打差。

 ブレンドン・トッド(米国)が69で回り通算12アンダー、198でトップを守り、1打差の2位に安秉勲(韓国)、さらに1打差の3位にリッキー・ファウラー(米国)がつけた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. うがい薬転売横行 違法なヨード系はサイト削除、代わりに“透明”が高値

  4. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

  5. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです