メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

照ノ富士が優勝 5年ぶり2度目 元大関、序二段から復活は初 御嶽海破る

照ノ富士(左)が寄り切りで御嶽海を破り優勝を決める=両国国技館で2020年8月2日、玉城達郎撮影

[PR]

 大相撲7月場所千秋楽は2日、東京・両国国技館で行われ、東前頭17枚目の照ノ富士(28)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が関脇・御嶽海を破り、関脇だった2015年夏場所以来2回目の優勝を果たした。

 大関経験者が序二段まで落ちた後、幕内に戻って優勝するのは史上初。大関経験者が関脇以下で優勝を果たしたのも、昭和以降では1976年秋場所の魁傑以来2人目となった。幕尻優勝は今年初場所の徳勝龍以来。【村社拓信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです