メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立劇場バレエ団「竜宮 りゅうぐう」 鼓動で時を刻む鶴と亀=評・斉藤希史子

井澤駿(左)と米沢唯=鹿摩隆司撮影

 新型コロナウイルス禍のさなか、新国立劇場バレエ団が演出に森山開次を招いて新作「竜宮 りゅうぐう」を世に問うた。モチーフは「御伽(おとぎ)草子」の浦島太郎。ここでの亀は何と竜宮城の姫の化身で、緑の甲羅を模したチュチュが愛らしい(衣装・美術も森山自身)。一方、玉手箱を開けた浦島は瞬時に老いるばかりか、さらに鶴へと変化する。これは鶴と亀の千年・万年の恋物語なのである。

 前半は浜でのなれ初めからフグやサメがにぎやかに舞う竜宮接待まで。後半では、禁断の庭で四季の移ろいをのぞいた浦島が里心を起こす。だが戻った地上は700年後。思わず土産の玉手箱を開けた浦島は……。副題は「亀の姫と季(とき)の庭」と銘打たれた。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  5. ジャパンライフ創業者の山口元会長を詐欺容疑で逮捕 2100億円被害か 警視庁など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです