メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

ベネチアの決断=勝田友巳

「スパイの妻」の一場面

 黒沢清監督の新作「スパイの妻」が、ベネチア国際映画祭の、金獅子賞などを競うコンペティションに選ばれた。驚いたのは黒沢作品のコンペ入りよりむしろ、ベネチアが予定通り9月2日に開幕することの方だ。

 国際映画製作者連盟はコンペ部門のある14の映画祭を公認していて、これらが映画界では「Aクラス」とされる。今年はコロナ騒動で、その開催日程がメチャクチャになっている。

 2月のベルリンこそ事なきを得たが、以降は映画祭どころではない。4月のモスクワは延期、5月のカンヌは実質中止、6月の上海も延期、7月のチェコ・カルロビバリ、8月のスイス・ロカルノとも中止。その中でベネチアが、当初予定通りの開催に踏み切ったのだ。カンヌ、ベルリンと並ぶ3大映画祭の一つ、ベネチアの動向は、世界中が注目していた。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  2. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

  3. デジタル庁採用、倍率47倍 民間人材枠、30人先行募集に

  4. 共産都議団が今夏の東京オリンピック中止を申し入れ 「コロナ対策集中を」

  5. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです