メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 石巻で避難所開設訓練 感染対策踏まえ、市職員など50人 /宮城

新型コロナ対策で避難所のスペースを1人あたり2メートル四方確保する手順を確認する住民ら=宮城県石巻市の万石浦中体育館で

 東日本大震災の際に避難所となった石巻市の万石浦(まんごくうら)中体育館で、新型コロナウイルスの感染対策を踏まえた避難所開設訓練があった。住民で組織する「万石浦小校区地域防災連絡会」の呼びかけで市職員や地元小、中学校の管理職ら約50人が参加。受け入れ態勢を巡っていくつもの課題が浮かび上がった。

 訓練は、市職員が感染症対策を追加した改訂マニュアルを説明し、住民らが手順の一部に実際に取り組む形で進められた。

 発熱者を振り分けるため、新たに非接触体温計を入り口で使用することになり、市職員は「マスクや消毒液など対策用品を開設職員が役所から持参する」と説明。住民からは「周辺が浸水し来られない場合はどうするのか」との疑問が出た。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. #最後の1年 コロナ禍の受験シーズン 最後を決めたサッカー部員と母の思案 横浜市立旭中

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです