メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奄美で潮だまり観察会 ヒトデやウニ見つけた /鹿児島

潮だまりで生き物を観察する参加者たち

 干潮時に姿を見せるリーフの潮だまりの生き物観察会が2日、鹿児島県奄美市笠利町の用海岸であった。親子連れら21人が普段は水中でしか見られないサンゴやシャコ貝などの観察を楽しんだ。

 奄美の自然の大切さについて考えてもらおうと環境省奄美野生生物保護センターなどが開催。小、中学生の親子はヒトデやウニを見つ…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. オーストラリア・モリソン首相 11月にも訪日 中国けん制と地元紙報道

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです