特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 韓国軍ずさん警備、処分へ 脱北者「帰郷」 北朝鮮発表で把握

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスに感染した疑いがある脱北者の男性が北朝鮮に戻ったとされる事件をきっかけに、韓国軍のずさんな警備態勢が問題になっている。韓国軍合同参謀本部は7月31日に調査結果を公表し、関係者を処分する方針を示すなど対応に追われている。

 「何も反論できない。すべての部分において無限の責任を負う」。鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相は28日、男性の北朝鮮への脱出を許したことを国会で謝罪した。

 北朝鮮南西部の開城(ケソン)市に戻ったこの脱北者は、韓国・京畿道(キョンギド)金浦(キンポ)市の20代男性。北朝鮮が26日、国営メディアを通じて「新型ウイルスに感染したと疑われる脱北者が19日に帰郷した」と発表して、初めて韓国軍は事態を把握した。韓国軍合同参謀本部が調査した結果、監視網の不備が次々と明らかになった。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1157文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集