メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

マネー編 年金75歳受給で84%増へ 「手取り」はどうかシミュレーション

 <くらしナビ ライフスタイル>

 5月末に成立した年金制度改革関連法で公的年金を受け取り始めることのできる年齢の幅が広がり「60~75歳」から選べるようになる。65歳から繰り下げるほど毎月受け取れる年金額が増え、繰り上げるほど減る。選択肢が広がるのを機に、老後設計にあう受け取り方法を考えたい。

 公的老齢年金は65歳から受け取れるが、現在、受給開始時期は「60~70歳」から自由に選べる。65歳より繰り下げる場合、1カ月遅らせるごとに毎月の年金額(額面)は0・7%増える。70歳まで5年間遅らせれば42%増だ。逆に、繰り上げる場合、1カ月早めるごとに0・5%減り、60歳に前倒しすれば30%減る。繰り下げと繰り上げは国民年金(基礎年金)と厚生年金で別々にできる。

 法改正で、2022年4月から、この仕組みが2点変わる。第一に、繰り下げは75歳まで可能になる。増額率0・7%は変わらず、75歳まで遅らせれば毎月の年金額は84%増える。第二に、繰り上げの減額率は1カ月あたり0・4%に縮小する。60歳まで早めれば毎月の年金額は24%減で、現行より減り幅は抑えられる。

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文2006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです