メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ココイチ」インドに1号店オープン 日本の味でカレー発祥の地に里帰り

インドで開店した「カレーハウスCoCo壱番屋」の1号店=壱番屋提供

 カレーの本場であるインドの首都ニューデリー近郊のグルガオンに3日、「カレーハウスCoCo壱番屋」のインド1号店がオープンした。日本の味をそのまま提供する。運営会社の壱番屋(本社・愛知県一宮市)とタッグを組むインド三井物産の野村保・流通事業部長は「日本のカレーは英国から伝わり独自の発展を遂げたが、インド人にとっても親しみのある味だ。新しい日本食として好まれると思う」と期待する。

 現地の宗教事情を考慮して牛肉と豚肉は提供しないが、ルーは日本から輸送し、コメも米国産のジャポニカ米を使用する。一方、トッピングではマトンやモモ(チベット風ギョーザ)などインド人になじみの味も用意する。客単価は550ルピー(約770円)程度を想定している。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです