メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型宇宙船「クルードラゴン」帰還 民間初の有人船飛行成功

帰還したクルードラゴン=NASAテレビから

 米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士2人を乗せた米スペースX社の新型宇宙船「クルードラゴン」が2日午後(日本時間3日午前)、国際宇宙ステーション(ISS)から地球に帰還した。民間企業による初めての本格的な有人宇宙船の飛行だったが、打ち上げから帰還まで成功裏に終えた。

 ISSで2カ月間の滞在を終えたロバート・ベンケン(50)とダグラス・ハーリー(53)の両飛行士は、1日午後(同2日午前)にクルードラゴンでISSを離脱。機体は約19時間後に大気圏に突入し、最後はパラシュートを開いて米フロリダ沖に着水した。

 今回は試験飛行との位置づけ。帰還した機体の健全性などが今後確認されれば、9月下旬にも日本の野口聡一飛行士(55)が運用初号機に搭乗し、半年間の長期滞在のためISSに向かう。NASAのジム・ブライデンスタイン長官はオンライン上での記者会見で「我々は今日、歴史を作った。これは月、そして火星に行くための出発点だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです